著者紹介

寺地はるなテラチハルナ

1977年、佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第4回ポプラ社小説新人賞を受賞し、同作でデビュー。21年、『水を縫う』で第9回河合隼雄物語賞を受賞。著書に『大人は泣かないと思っていた』『夜が暗いとはかぎらない』『どうしてわたしはあの子じゃないの』『声の在りか』『雨夜の星たち』などがある。