又兵衛が部屋から抜けだすと、長元坊も焼き鏝をげたままいてくる。
「又よ、おもいだしたぜ。あさってのは、十年前に拐かされた指物さしものの娘だったな。たしか、下女奉公していた商人の一人娘とまちがえられ、御殿ごてんやまの門前で花見帰りに拐かされた」
 商人は身代金を要求されたが、奉公人を救うための金は払えぬと突っぱねた。それ以来、あさはかた知れずとなり、町奉行所は下手げしゆにんに繋がる端緒たんしよを得ることもできなかった。人違いで拐かされた娘のはなしは次第に忘れられていき、半年もたぬうちに人々の口のにものぼらなくなった。
「何でか知らねえが、おめえはあんとき、必死になって娘の行方を追っていた。十年経った今なら、理由をはなしてくれてもいいんじゃねえのか」
 父につづいて母も逝き、天涯孤独になったころの出来事だ。春雨はるさめの降るなか、増上ぞうじようの近くをも無く彷徨うろついていると、十五、六の娘が露地裏で濡れた子犬を抱きあげて暖めようとしていた。
「そいつが、あさだったのか」
「ああ」
 なぜ、声を掛けてくれたのかはわからない。娘の直感で、放っておけば死んでしまうとでもおもったのか。ひょっとしたら、拾った子犬に向けるのと同じあわれみを抱いたのかもしれない。
 あさは奉公先で頼りにされるのが嬉しいと言い、気に入っている自分の名は居職の父親が付けてくれたのだと、自慢げに教えてくれた。
 ──どんなにつらくても、明けねえ夜はねえ。誰にでも朝はやってくる。だから、愛娘まなむすめにあさと付けたんだって、おとうが教えてくれたんだよ。
 行きずりの娘に言われた台詞が胸にみた。自暴自棄になりかけていた心が洗われたようにおもった。だから、数日後に拐かされた娘の名を聞いたとき、又兵衛は居ても立ってもいられなくなった。
「それだけのはなしだ」
「なるほど、ようくわかったぜ」
 あさは傷ついたからだを引きずり、高輪から数寄屋橋御門内の南町奉行所までやってきた。
 最後の力を振り絞り、もっと生きたいと訴えたかったにちがいない。
 又兵衛は駆込みのはなしを聞き、宿命のようなものを感じたのである。
 十年経ってようやく、雨の日の借りを返す機会が訪れた。
 十五の娘に言われた台詞に助けられ、どんなに辛くても明けぬ夜はないと、あれから何度胸に繰りかえしてきたことか。
 又兵衛はかたを振りかえり、過酷な宿命をのろったのである。
 どうして、ふつうに暮らしていたあさがめにとされ、の果てに死なねばならなかったのか。
 拐かされた経緯をきっちりと調べあげ、供養くようしてやらねばなるまい。
 又兵衛の強いおもいを、長元坊もみとっていた。
「さてと、つぎは太刀魚だな」
 焼き鏝をどぶほうり、海坊主は袖を颯爽さつそうなびかせる。
 品川宿を牛耳ぎゆうじる十手持ちが相手となれば、すんなり片付くはずはなかろう。
 ふたりは昼なお暗い露地裏から抜けだし、松林のざわめく東海道とうかいどうへ戻っていった。

 

この続きは、書籍にてお楽しみください