著者紹介

一色さゆり

一色 さゆりSayuri Isshiki

1988年、京都府生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科卒業後、2015年に第14回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、翌年受賞作『神の値段』でデビュー。主な著書に美大生の青春群像劇『ピカソになれない私たち』、茶道の稽古事をめぐる小説集『飛石を渡れば』、大英博物館の修復士の世界を舞台にしたミステリー『コンサバター』シリーズなど。近著に、アートをめぐる5編からなる短編集『光をえがく人』がある。