小説

旅する文化部取材ノート

旅する文化部取材ノート
イラスト/福田希美
あらすじ

全国紙・日陽新聞の東京本社文化部に異動してきた、破天荒キャラの雨柳円花に、先輩の山田文明は面食らう。言葉遣いはなってないわ、社会常識はないわ、それにちょくちょくサボッってる!? 円花が企画した注目連載記事のサポートを任され、全国を一緒に回ることになった山田。伝統のワザと人間と――その取材ノートに特筆したくなった大切な気づきとは。

著者プロフィール
著:一色さゆり
1988年、京都府生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科卒業後、2015年に第14回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、翌年受賞作『神の値段』でデビュー。主な著書に美大生の青春群像劇『ピカソになれない私たち』、茶道の稽古事をめぐる小説集『飛石を渡れば』、大英博物館の修復士の世界を舞台にしたミステリー『コンサバター』シリーズなど。近著に、アートをめぐる5編からなる短編集『光をえがく人』がある。
イラスト:福田希美