試し読み
小説

赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。

赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。
あらすじ

前作『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』でミステリー界に衝撃のデビューを果たした赤ずきん。今作でも、とある目的のため再び旅に出ますが、途中で立ち寄った親指一座の見世物小屋で、「キツネ殺し」の犯人として逮捕されてしまいます。赤ずきんはもちろんそんなことはしていませんが、自らの無実を証明できなければ、ギロチンの刑にかけられてしまうことに……赤ずきん、大ピンチ!
世界のみんなが知っている童話をベースにした連作本格ミステリ第2弾。

著者プロフィール
著:青柳碧人
1980年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。2009年『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞してデビュー。19年刊行の『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は多くの年間ミステリーランキングに入り、本屋大賞にノミネートされた。「猫河原家の人びと」シリーズをはじめとしたシリーズ作品のほか、『天使のアイディア』『スカイツリーの花嫁花婿』『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』などがある。