試し読み
小説

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。
あらすじ

クッキーとワインを持って旅に出た赤ずきん。その途中でいろいろな事件に遭遇します。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠り姫」「マッチ売りの少女」を下敷きに、小道具を使ったトリック満載! こんなミステリがあったのか、と興奮すること間違いなし。全編を通した『大きな謎』も隠されていて、わくわく・ドキドキが止まりません!『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続き、西洋童話をベースにした連作短編ミステリの誕生!

著者プロフィール
著:青柳碧人
1980年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。2009年『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞してデビュー。19年刊行の『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は多くの年間ミステリーランキングに入り、本屋大賞にノミネートされた。「猫河原家の人びと」シリーズをはじめとしたシリーズ作品のほか、『天使のアイディア』『スカイツリーの花嫁花婿』『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』などがある。