著者紹介

坂岡真サカオカシン

1961年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。四季折々の江戸の情緒と人情の機微を、繊細な筆致で綴る時代小説には定評がある。主なシリーズに「はぐれ又兵衛例繰控」「帳尻屋始末」「帳尻屋仕置」「鬼役」「あっぱれ毬谷慎十郎」「火盗改しノ字組」「新・のうらく侍」「死ぬがよく候」、単行本『絶局 本能寺異聞』『一分』などがある。

作品一覧
  1. 1
  2. 2