コミック
黒と誠

読書界を変えた書評誌「本の雑誌」。目黒考二と椎名誠を中心に創刊された雑誌の創刊秘話を完全漫画化。こちらも読書界を震撼させた『どくヤン!』の作画担当であるカミムラ晋作が描く!

第11回
「本の雑誌」創刊号は売れ行き好調!! 喜ぶ椎名誠と浮かない目黒考二、その理由とは!?『黒と誠』第11話「第2号」/カミムラ晋作 (2022年9月26日)
第1回
目黒考二と椎名誠を中心に創刊された「本の雑誌」の創刊秘話を完全漫画化!『黒と誠』第1話「悪夢だ」(2022年4月11日)
第2回
「本の雑誌」創刊秘話!上司と部下になった椎名誠と目黒考二だが、やはり本が読めず目黒が退職…!?『黒と誠』第2話「晴読雨読」(2022年4月25日)
第3回
目黒考二から送られてきた「謎の手紙」が椎名誠の運命を変えた!? 『黒と誠』第3話「本と雑誌」(2022年5月10日)
第4回
目黒考二の“SF通信”に衝撃を受けた椎名誠のド肝を抜く提案とは!?『黒と誠』第4話「SF通信」(2022年5月25日)
第5回
目黒考二が「日本読書株式会社」を夢想するまで本好きになった少年時代の「ある経験」『黒と誠』第5話「青い風呂敷」(2022年6月10日)
第6回
椎名誠のデビュー作となった『さらば国分寺書店のオババ』。オババと椎名の強烈な出会い『黒と誠』第6話「夢多き時代」(2022年6月27日)
第7回
ついに「本の雑誌」命名の瞬間! 酒の肴でしかなかった雑誌作りを実現させた第3の男登場『黒と誠』第7話「一口のせろ」(2022年7月11日)
第8回
目黒考二が掲げた「本の雑誌」創刊時のポリシーは「参加者からお金はもらわない」だった『黒と誠』第8話「逆算のプロ」(2022年7月25日)
第9回
ついに伝説の雑誌「本の雑誌」創刊の瞬間! しかし500部も刷ってしまって、どうする椎名誠? どうする目黒考二?『黒と誠』第9話「出来たよ」/カミムラ晋作(2022年8月10日)
第10回
「破綻した男」目黒考二が自ら営業に!?「本の雑誌」創刊号は書店に置いてもらえるのか…『黒と誠』第10話「直雑誌」/カミムラ晋作(2022年9月12日)
著者プロフィール
著:カミムラ晋作
愛知県生まれ、代表作は『ベクター・ケースファイル』(原作:藤見泰高)『マジャン〜畏村奇聞〜』など。近著に『どくヤン!』(原作:左近洋一郎)がある。