小説

ムゲンのi

ムゲンのi
イラスト:げみ
あらすじ

第17回本屋大賞候補作。国立精神神経研究所の神経内科医・識名香苗は戸惑っていた。何の前触れもなく昏睡状態に陥り目が覚めないという、世界的にも珍しい<特発性嗜眠病>の患者が同時に4人も入院。この病気は一体なんなのか――。珠玉の医療ミステリー

ムゲンのi 上
判型:四六判
定価:1,540円(税込)
ムゲンのi 下
判型:四六判
定価:1,540円(税込)
著者プロフィール
著:知念実希人
1978年沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年『レゾン・デートル』で第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で小説家デビュー。「天久鷹央」シリーズが人気を博し、15年『仮面病棟』が啓文堂文庫大賞を受賞。『崩れる脳を抱きしめて』『ひとつむぎの手』『ムゲンのi』(上下)で、18年、19年、20年本屋大賞に連続ノミネート。 Twitter: @MIKITO_777
イラスト:げみ