小説

キャンパー探偵

キャンパー探偵
イラスト:チカツタケオ
あらすじ

改造したフォルクスワーゲンバス・タイプ2を塒に、フリーのカメラマンと探偵の二足の草鞋を履く辰巳翔一。様々な依頼に応えて全国を東奔西走する。

(「キャンパー探偵」より改題)
(「キャンパー探偵」より改題)
(「キャンパー探偵」より改題)
著者プロフィール
著:香納諒一

香納 諒一Ryouichi Kanou

1963年横浜生まれ。早稲田大学卒業。出版社勤務の傍ら、91年「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞を受賞し、92年『時よ夜の海に瞑れ』で長編デビュー。99年『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞長編賞を受賞する。他に、『梟の拳』『贄の夜会』『ステップ』『幸』『無縁旅人』『心に雹の降りしきる』など著書多数。

イラスト:チカツタケオ