出目徳が死んでから数年後、坊や哲はヒロポン地獄に落ちていた。ヒロポン欲しさに打った麻雀で粗相を働いた坊や哲は、新たな賭場を求めて東京を出ることに。旅の途中で知り合った坊主のクソ丸と少女ドテ子と博打列車で大阪へ向かう。関西を舞台に“ブウ麻雀”で麻雀の鬼たちと鎬を削る、傑作シリーズ第2弾。