小説

探偵になんて向いてない

探偵になんて向いてない
イラスト:竹田匡志
あらすじ

さえない中年ライターの権藤研作は、雇い主の突然の思いつきで探偵事務所を任されることになった。右も左もわからない素人探偵だというのに、ある日病床の女性から「最後に会いたい人」を捜してほしいと依頼されて――。

探偵になんて向いてない
判型:四六判
定価:2,310円(税込)
著者プロフィール
著:桜井鈴茂
1968年生まれ。明治学院大学社会学部社会学科卒業。卒業後は、音楽活動ほか職歴多数。同志社大学大学院商学研究科中退。2002年『アレルヤ』で第13回朝日新人文学賞を受賞。他の著書に、『終わりまであとどれくらいだろう』『冬の旅』『へんてこなこの場所から』『どうしてこんなところに』『できそこないの世界でおれたちは』『探偵になんて向いてない』などある。
イラスト:竹田匡志