小説

遺されたものたち

遺されたものたち
イラスト:小春あや
あらすじ

亡くなった一人暮らしの姑の部屋を片づけることになった望登子。溢れんばかりの遺品から、姑の人となりが見えてくる。どう生きるか、どう死んでいくのか……部屋を見れば全てがわかる。ペーソスとユーモア-に満ちた長編小説。

姑の遺品整理は、迷惑です
判型:四六判
定価:1,540円(税込)
(「遺されたものたち」より改題)
著者プロフィール
著:垣谷美雨
1959年兵庫県生まれ。明治大学文学部卒。2005年「竜巻ガール」で第27回小説推理新人賞を受賞し、デビュー。誰もが直面する社会問題を、ユーモア溢れる筆致で描いた作品が多い。著書に『禁煙小説』『夫のカノジョ』『結婚相手は抽選で』「あなたの人生、片づけます』『あなたのゼイ肉、落とします』『リセット』『老後の資金がありません』「夫の墓には入りません』など多数。
イラスト:小春あや