エッセイ・コラム

死に方がわからない

死に方がわからない
デザイン:大路浩実

“おひとり様”が人に迷惑をかけず、安らかに清らかに美しく死んでいくためにやるべき終活を、実例を挙げながらレポートしていくエッセイ風ルポ。

第31回
死に方探しもいよいよ最終節。 信頼できる人と死後事務委任契約を結び、万々歳! で、終わるはずだった… (2021年8月10日)
第1回
ワタクシこと門賀美央子は、大いに困っていた。 いや、現在進行形で困っている。むちゃくちゃ困っている…(2020年2月10日)
第2回
「どんな死に方が嫌か」を考えるにあたり、思考がこんがらがるのを防ぐため、まずは何をどう考えていくか…(2020年2月25日)
第3回
餓死が一段落つき、次の「嫌な死因」を考え始めた時に、すっと脳裏をよぎったのは、一昨年に入院した際、…(2020年3月10日)
第4回
さて、「死因」が一段落ついたので、次は「死況」だ。死況とは、私が勝手にこしらえた造語で、「死ぬ時の…(2020年3月25日)
第5回
さて、先程はなんの前触れもなく「孤立死」なる言葉を登場させたが、これは「死況」と違って私の造語では…(2020年4月10日)
第6回
結局のところ、死に方を考える上でもっとも厄介なのが「人間、いつ死ぬかさっぱりわからない」という事実…(2020年4月27日)
第7回
連載も第七回となり、ここからは具体的に「死に方探し」の話に入っていく予定だった。 だが、今回は元の…(2020年5月11日)
第8回
さて、第六回までさんざん「死んでから腐るのは嫌だ」と言い続けてきたが、もう一つとっても嫌なことがあ…(2020年5月25日)
第9回
予想外の疾疫災、SARS-CoV-2のオオバカヤロウのせいで大いに予定が狂った私の「異変があったら気づいても…(2020年6月10日)
第10回
回復の見込みがないのなら、自分自身の尊厳を守るために自然にあの世に旅立ちたい。 今では「尊厳死」の…(2020年6月25日)
第11回
見つけたのはまったく偶然だった。 横須賀市+孤独死でグーグル検索をした時に、たまたまヒットしたのだ…(2020年7月10日)
第12回
前回紹介した「わたしの終活登録」の登録項目を埋めていくことで、遺漏の無い完璧な「死に方対策」を作る…(2020年7月27日)
第13回
本連載は基本的に毎月二回、十日と二十五日の更新ということになっているのだが、八月はまるまる一ヶ月、…(2020年9月10日)
第14回
今回はまず「消極的安楽死」について、一から見ていこうと思う。 二十世紀になって目覚ましい進歩を遂げ…(2020年9月25日)
第15回
さて、二ヶ月ぶりで本筋に戻る前に、第十一回のおさらいを。 第十一回では、横須賀市独自の取り組みであ…(2020年10月12日)
第16回
今後の人生、医療とどう関わっていくのか。 検査と予防と治療をどう考えるべきか。 あっさり死にたいと…(2020年10月26日)
第17回
前にも一度述べた通り、本連載は実用書のつもりで書いているので、あまり死生観とか宗教/哲学の問題には…(2020年11月10日)
第18回
「私の終活登録」項目埋め作業は続く。 五項目と六項目は「リビング・ウィル」と「エンディングノート」…(2020年11月25日)
第19回
死んだ後、魂が残るか残らないかは死んでみないとわからないが、遺骨と遺品は確実に残る。こればっかりは…(2020年12月10日)
第20回
献体過剰のような問題が起こるのも、死ぬのにとにかくお金がかかるという構造的な問題があるからだ。 昔…(2020年12月25日)
第21回
イナゴの一番目と二番目、すなわち遺体処理の目処がついたので(なんだか犯罪者の独白のようですな)、次…(2021年1月12日)
第22回
遺品整理の次は財産処分だが、私にはあんまり縁のない話なので、この辺りはさらっと触れるだけに留めたい…(2021年1月25日)
第23回
イナゴ四番目は「お金周りの後始末」、そして五番目は「諸々の後始末」である。これら残りの解決方法につ…(2021年2月25日)
第24回
一年以上にわたり、死に方を模索してきた。 おかげで、ある程度「自分はどんな死に方がしたいのか」、そ…(2021年3月10日)
第25回
見守りサービスに登録したことで、最悪の死況だけは逃れられそうだ。おかげで精神的安定を獲得できたワタ…(2021年4月12日)
第26回
私はとにかく身の程知らずで、その上傲岸不遜であることは人後に落ちない。よって、親だろうが教師だろう…(2021年4月26日)
第27回
MSWとして数多の死に際に接してきたお二人の話を聞きながら、私はぼんやり感じ始めていた。 やっぱり鍵…(2021年5月10日)
第28回
この連載を始めるきっかけの一つだった「死に際の意思表示とそれを確実に実行してもらう方法」の模索は、…(2021年5月25日)
第29回
私の人生には七つの不思議がある。 その筆頭が他人様から「厳密な金銭管理ができるタイプ」と思われがち…(2021年6月10日)
第30回
「はじめてのファイナンシャル・プランナー体験」からほぼ十日後、二度目のオンライン面談を行った。希望…(2021年6月25日)
著者プロフィール
著:門賀美央子

門賀美央子Mioko Monga

1971年、大阪府生まれ。文筆家。主に文学、宗教、美術、民俗関係の分野を手がける。著書に『自分でつける戒名』『ときめく妖怪図鑑』『ときめく御仏図鑑』、共著に『史上最強 図解仏教入門』など多数。

デザイン:大路浩実