第1回はこちら

 

この物語は『社史・本の雑誌』を原作とし、ほかの関連著作や関係者への取材を基に構成したフィクションです。

 

『さらば国分寺書店のオババ』椎名誠/新潮文庫
『さらば国分寺書店のオババ』椎名誠/新潮文庫

椎名誠の実質的なデビュー作。この一冊によって、椎名は世の中に見つかり、一気に人気作家への道を駆け上ることになる。最初の版元である情報センター出版局も、その後村松友視や嵐山光三郎などの著者でベストセラーを量産していく。