第1回はこちら

 

 

この物語は『社史・本の雑誌』を原作とし、ほかの関連著作や関係者への取材を基に構成したフィクションです。

 

『歩く書物――ブックマンが見た夢』津野海太郎/リブロポート
『歩く書物――ブックマンが見た夢』津野海太郎/リブロポート

のちに『本とコンピュータ』編集長を務めることになる津野海太郎が、80年代に本にまつわる思索をまとめた著作。現在のウェブ状況、電子書籍の状況を考えながら読むと非常に面白い。また、のちに津野は早川義夫の『僕は本屋のおやじさん』から始まる「就職しないで生きるには」シリーズを手掛けることになるが、その準備段階のことなども描かれ、貴重な資料である。