第1回はこちら

 

 

この物語は『社史・本の雑誌』を原作とし、ほかの関連著作や関係者への取材を基に構成したフィクションです。

 

『本の雑誌風雲録』目黒考二/角川文庫
『本の雑誌風雲録』目黒考二/角川文庫

『社史・本の雑誌』にも収められている、目黒側の視点で描かれた本の雑誌創刊時の物語。今回のエピソードはこの本から採っている。ちなみに椎名側の視点で描かれた『本の雑誌血風録』は、『風雲録』の12年後に書かれているので、この初営業の場面は、当然『血風録』にも描かれている。